不動産に関するご質問はサカエホームがお答えします

よく頂く質問集

不動産の売却を考えていますが、最初に何をしたらいいのでしょうか?
A. まずは、不動産の査定を行う事をお勧め致します。査定とは、売却したい不動産がどれくらいの金額で売れそうか、売却予想価格を調べることです。 お気軽にお問い合せ下さい。
不動産の査定とは、実際にどのようにして価格を出すの?
A. 査定方法は大きく分けると、『簡易査定』と『現地査定』があります。どちらの査定も無料になりますが、『簡易査定』は不動産の現地確認は行わず、 法規制等の調査、周辺の売り出し事例や成約事例の調査、市場の動向を考慮に入れて、おおよその査定価格を算出します。一方、『現地査定』は、実際に売却 予定の不動産等を訪問させて頂き、お部屋の状態、リフォームの必要等の確認をし、査定価格を算出します。日当たりや風通し、騒音等のチェック等も実際に 確認しますので、より精度の高い査定価格になります。
査定をした場合、売却しないといけないの?
売却する、しないはお客様のご判断になります。売却しなくていけないという事はございません。逆にご参考にして頂くだけでも構いません。
家に住みながら売却する事は可能でしょうか?
A. 可能です。売却をご希望される大多数のお客様は、住みながらの売却をしております。この場合、ご購入希望者がいらっしゃれば、事前にご連絡の上 でお住まいをご案内させて頂く事がございますので、その際はご協力お願いします。
売却する時は査定価格で売らないといけないの?
A. 必ずしも査定価格で売却という訳ではありません。しかし、お客様にご提示した査定価格は不動産のプロとして客観的に物件を評価し、周辺の相場 や長年蓄えたノウハウを元に適正価格を算出したものです。査定価格を大きく上回る金額で売りに出されると、売れる迄に長い期間を要し、結局査定金額を 下回る額でしか売れなかったというケースもあります。売却価格は営業担当者とよく相談して決められる事をお勧めします。
少しでも高い価格で、有利に売りたいのですが?
A. 売却希望のお客様のほとんどが、少しでも高く売りたいと思っていらっしゃいます。しかし、逆に購入希望者は少しでも安く買いたいと思っている のも事実です。高い価格で売却する為に重要な事は、売却希望の不動産を高く評価して頂ける購入希望者を見つける事です。より良い購入希望のお客様を探 すお手伝いをさせて頂きます。
売却のための広告費用は、手数料とは別に払うの?
A. 原則的には、お支払い頂く必要はございませんが、お客様のご要望により特別な広告を実施する場合等は、実費をご負担頂く場合もございます。 その際は、あらかじめ担当者からご説明させて頂きますのでご安心下さい。
長く住んで家がかなり傷んでいますが、リフォームはした方がいい?
A. 一般的には、リフォームの必要はありません。ただし、リフォームを行い買主への印象を良くする事で早期の売却が実現する事もありますので、 ご相談下さい。
家の買い替えを計画していますが、どんな事に注意すればいい?
A. 家の買い替えでは、売却と購入のタイミングを揃える事に気をつける事が重要です。特に、新築物件を購入する場合、入居するまでの時間が長く かかりますので、すぐに売却してしまうと、仮住まいが必要となり余計な出費が出てしまうので注意が必要です。しかし、逆に入居が近くなってから売却 しようとすると、売却に時間がかかり想定よりも販売価格を下げる必要がでたりする事も考えられます。お客様の状況にあったプランをご提案させて頂き ますのでお気軽にご相談下さい。
不要な家具がありますが、売るときに全部処分しないといけませんか?
不動産を売却する際、空室の状態で引き渡すことが原則となっています。つまり、不用品の処分は売主様の負担となります。家具等の大型不用品の処 分方法としては、引っ越し時に引っ越し業者に引き取ってもらうか、リサイクルショップに売却する等の方法があります。粗大ゴミ等の手配は意外に時間 がかかりますが、各業界とのネットワークがございますので、引っ越し後の新生活スタート時で、快適なサポートサービスを提供しておりますので、ご相 談下さい。
買い替え先が未完成で、先に自宅が売れた場合はどうしたらいいの?
仮住まいが必要なケースや、買主様に引き渡しをお待ち頂くケースなどもあり、一概に申し上げることはできません。住まいの買い替えは、スケ ジュールの調整が最重要ですので、事前に担当者とお打ち合わせ下さい。
売却する時、どんな費用が必要?あと、税金もかかる?
売却費用として『仲介手数料』や『抵当権抹消費用』『契約印紙代』等がかかります。又、売却によって利益が出ると『譲渡所得税』『住民税』 がかかります。後、特別控除が受けられる場合もあります。
駅からの徒歩時間は、どのような基準なの?
道路距離80メートル毎に1分としています。1分未満の端数は1分として切り上げます。
重要事項説明とは何ですか?
宅建業者は買主に対し、定められた項目について契約の前に記載した書面の交付と、その書面を口頭で説明を宅地建物主任者からさせなければなりません。 説明項目は以下の通りです。

T 対象となる宅地又は建物に直接関係する事項
1、 登記簿に記載された事項
2、 都市計画法、建築基準法等の法令に基づく制限の概要
3、 私道の負担に関する事項
4、 飲料水・電気及びガスの供給施設・排水設備の整備状況
5、 未完成物件の場合にあっては、宅地造成または建物建築工事完了時における形状、構造等
6、 当該建物が土砂災害警戒区域内か否か
7、 住宅性能評価を受けた新築住宅である場合
U 取引条件に関する事項
1、 代金及び交換差金以外に授受される金額
2、 契約の解除に関する事項
3、 損害賠償額の予定額又は違約金に関する事項
4、 業者が売主となる物件の売買における手付金等の保全措置の概要
5、 支払金又は預かり金の保全措置の概要
6、 金銭の貸借の斡旋
7、 割賦販売に係る事項
V その也の事項
1、 供託所に関する事項
W 区分所有建物の場合
1、 区分所有建物の『不動産の表示』
2、 一棟の建物またはその敷地に関する権利及びこれらの管理・使用に関する事項
1、 敷地に関する権利及び内容
2、 共有部分に関する規約等の定め
3、 専用部分の用途その他の利用の制限に関する規約等の定め
4、 専用使用権に関する規約等の定め
5、 所有者が負担すべき費用を特定の者にのみ減免する旨の規約等の定め
6、 計画修繕積立金等に関する事項
7、 通常の管理費用の額
8、 管理の委託先
9、 建物の維持修繕の実施状況の記録

契約書ではどんな事を取り決めるの?
A. 契約とは、目的物件の特定、売買代金、支払い条件、所有権移転登記申請、引渡し等の契約内容について、売買当事者間で合意が成立した事を指し、 合意した内容について売買契約書面にし、当該書面に当事者及び媒介業者並びに宅地建物取引主任者の署名押印を行い、その書面を売買当事者それぞれに交 付します。

契約書で取り決める主な事項は
1、 売買の目的物及び売買代金
2、 手付金
3、 売買代金の支払い時期、方法等
4、 売買対象面積等
5、 境界の明示
6、 所有権の移転時期
7、 引越し
8、 抵当権の抹消
9、 所有権移転登記等
10、 引き渡し完了前の危険負担について
11、 物件状況等報告書
12、 瑕疵担保責任
13、 設備の引き渡し
14、 手付解除
15、 契約違反による解除、違約金等
16、 融資利用の特約
17、 印紙の負担区分
18、 管轄裁判所に関する合意
19、 想定外事項の協議義務
上記の他に特段の取り決めを要する事項があれば、当事者間で話し合って特約を設ける場合があります。

ページの上部へ